株投資で儲ける方法とは

株投資と聞くと、FXやデイトレを思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。
FXは為替投資なので、厳密には株投資とは違うのですが、投資と聞くと、すべて同じようなものといして受け取ってしまう人もなかにはいると思います。

そうした人の中には、株で数億円稼いだという話を聞いて、「自分もそれぐらい儲けられるかも」と考える人がいたり、「失敗して多額の借金を抱えてしまうのではないか」と不安を持った人もいるでしょう。

これらはどちらが正しいというわけではなく、株投資を行うのであれば、儲かる可能性もあり、失敗する可能性もあるということです。

そして株式投資を失敗する理由の一つに、投資スタイルを明確にしていないで、さまざまな投資スタイルを試すことにあります。

株式の投資スタイルには短期、中期、長期という3つのスタイルに分けることができます。
短期とは、デイトレのことで、短い時間で利益を出す方法で、日本の個人投資家の多くがこの短期取引で利益を出しています。
そして、中期は、数カ月から1年の間で利益を出す方法です。長期は、中期よりもさらに長い期間で利益を出す投資スタイルです。

これを見て貰うと、長期は長い期間で利益を出すため、日本では下降トレンドであるためかあまり一般の個人投資家は扱っていないようです。

そのため短期か中期が投資をする個人投資家に人気です。
また、短期と中期なら利益が出るのも早いので、儲けているかどうかを判断するのも、損が出ている時に、早めに止めることもできます。